【新潟市】
働き方改革推進シンポジウム
~年次有給休暇の効率的な取得に向けて~

リモートワークやオンライン会議など新しい働き方への取り組みが進んでいます。
本シンポジウムでは新しい働き方・休み方を取り入れた働き方改革の実践方法や新潟市内で働き方改革や年次有給休暇の取得促進に積極的に取り組まれている企業事例のご紹介を通じて、皆さまの職場における働き方改革に向けたポイントやヒントをお伝えします。

シンポジウム概要

※本シンポジウムはYouTube上でのご視聴となります。

【申込期間】
10月15日(金)~ 11月29日(月)18:00

【公開期間】
11月18日(木)10:00 ~ 11月30日(火)18:00

【受講料/条件など】
・受講料:無料
・本シンポジウムはYouTube限定公開方式での動画配信を予定しております。視聴URLはお申し込みいただきましたメールアドレスにお知らせいたします。

【対象】
企業・団体の経営者・人事労務担当者 等

【主催】 厚生労働省、地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業連絡会議
※「地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業連絡会議」構成
(公財)新潟観光コンベンション協会、新潟経済同友会、(一社)新潟県経営者協会、新潟県社会保険労務士会、新潟県商工会連合会、新潟県中小企業団体中央会、(一社)新潟県労働基準協会連合会、新潟商工会議所、新潟市、日本労働組合総連合会新潟県連合会

【後援】
新潟労働局

プログラム

【第一部】(60分)
基調講演
「感染症リスク社会における働き方改革 -「時間的報酬」としての休暇取得促進に向けて- 」
講師
県立広島大学大学院 経営管理研究科 教授
木谷 宏 氏

【第二部】(50分)
事例紹介「新潟市内の企業における年次有給休暇取得促進に向けた取り組み」
・一正蒲鉾 株式会社
・株式会社 ネクスコエンジニアリング新潟
・株式会社 インプレッシヴ

講師プロフィール

木谷 宏 氏

県立広島大学大学院 経営管理研究科 教授
博士(経営学)、MBA

<略歴>
広島県呉市出身。 東京大学経済学部卒業、食品企業入社。米国ジョージ・ワシントン大学ビジネススクール留学(MBA)。 米国現地法人COO、本社人事部次長、経営企画部長を歴任し、学習院大学経済学部特別客員教授、麗澤大学経済学部教授を経て2016年4月より現職。 専門分野は、人的資源管理論、リーダーシップ、働き方改革、ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ・マネジメント。

厚生労働省「治療と職業生活の両立等支援対策事業」ガイドライン作成委員会座長(2014-2018年)。
広島県働き方改革実践企業認定審査委員会 委員長(2017-2020年)。
広島市男女共同参画審議会 会長。
中央職業能力開発協会 ビジネス・キャリア検定 人事・人材開発分野 主査。

<主な著書>
『人事管理論再考 多様な人材が求める社会的報酬とは』(生産性出版)
『社会的人事論 年功制、成果主義に続く第3のマネジメントへ』
(労働調査会)
『経営者のためのワーク・ライフ・バランス入門』
(香川県経営者協会)
『ビジネス・キャリア検定 標準テキスト 人事・人材開発2級 第3版』
(社会保険研究所)
(監修)ほか

シンポジウム申込フォーム

お問い合わせ先

【厚生労働省委託事業実施機関】
㈱新潟日報事業社(担当:谷、髙橋)
〒950-8546 新潟市中央区万代3-1-1
TEL:025-383-8010
Mail:wlb@nnj-net.co.jp
(平日9:00~17:00)